盛岡城跡公園、南部藩、盛岡藩、盛岡城下、盛岡観光情報案内

盛岡

盛岡の観光 盛岡広域タウン情報
観光・歴史・文化・人物・自然・祭り

盛岡八幡宮
盛岡の観光・歴史・文化・人物

安土桃山・江戸時代編 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春

盛岡の寺院と神社


寺院
盛岡の寺院は盛岡城築城と城下町の造成にともなって、旧領地三戸から移転された寺院、新領地志和、稗貫から移転された寺院とこれらの末寺として建立されたものが多い。
築城以前からあったものとして福士氏の菩提所東顕寺、厨川工藤氏の菩提所天昌寺、鵜飼にあった材木町永祥院などである。

神社
神社の建立も新しく盛岡城築城後のものがほとんどである。
築城以前の神社として、坂上田村麻呂の創建と伝えられる本宮の大宮神社、厨川の栗谷川八幡宮、繋の温泉薬師社など。
中世になると工藤小次郎建立と伝えられる栗谷川稲荷社。
福士氏が建立したと伝えられる米内薬師社、大豆門権現社、繋の高橋氏建立の藤原神社などがある。



安土桃山〜江戸時代

榊山稲荷 榊山稲荷大明神
 
榊山稲荷

<榊山稲荷神社の歴史>

榊山稲荷神社は盛岡市北山に聖寿禅寺と並んでいます。

1597年(慶長2年)
盛岡城の本丸西側の曲輪に創建され、榊山曲輪の名を残している。
1868年(明治元年)
戊辰戦争により盛岡城は廃城となり、同時に榊山稲荷神社も廃社となった。
1897年(明治30年)
廃社となった榊山稲荷神社を鉈屋町の荒川清次郎氏が、旧藩主南部氏の所有であった現北山の土地を譲り受け、私財を投げ打って再興したものである。

榊山稲荷 榊山稲荷

<緑風苑>

榊山稲荷神社には緑風苑という日本庭園があります。
これは対馬藩士で朝鮮通信使をめぐる国書改ざんの罪により南部藩に配流された方長老の屋敷跡の庭園です。
神社再興時に荒川氏と近くの庭師中舘福松氏がよみがえらせたものといいます。

榊山稲荷

報恩寺 報恩寺五百羅漢
 
報恩寺

<盛岡報恩寺> 〜寺歴と沿革〜

1394年(応永元年)
山を「瑞鳩峰山」と号し、寺を「報恩禅寺」と称するこの寺は、南部家13代の英主守行公によって三戸の八幡山下に創建された。
1601年(慶長6年)
南部27代利直公のとき現在地に移転された。
創建以来600年、移転以来400年の寺歴を有する。
寺域7千坪、朱寺30カ寺、藩政時代には寺領200石、南部領内曹洞宗208カ寺の総録であった。
現在は、最近まで禅修行の専門僧堂として知られ、1300戸の檀信従の菩提寺であり、地域の参禅道場ともなっている。

報恩寺 報恩寺

<五百羅漢> 〜盛岡市指定文化財〜

1734年(享保19年)
報恩寺の第17世曇樹−華和尚の持志によって木造の五百羅漢像がつくられた。
この五百羅漢は木彫で、京都の大仏師法橋宗而重賢・駒野定英・同丹下定孝ら9人の匠の作。
造像は1731年(享保16年)から同19年にいたる約4カ年の歳月を費やして出来たものである。
この京都で作られた羅漢像は海路、そして北上川を舟で遡り城下新山河岸に揚陸された。
尊像は一体一体信者に捧持されて、大行列で報恩寺に運ばれたのであった。

報恩寺 報恩寺

開館時間 9:00〜16:00
拝観料 300円(羅漢堂)
TEL 019-651-4415(報恩寺)
所在地 岩手県盛岡市名須川町31-15
アクセス 盛岡駅前バス乗り場より11番線 松園ニュータウン行(本町通・洞清水経由)
またはでんでんむし号本町通一丁目下車徒歩15分

報恩寺


盛岡八幡宮 盛岡八幡宮
 
盛岡八幡宮

<盛岡八幡宮> 〜南部盛岡藩の総鎮〜

東奥の鎮護、盛岡藩の総鎮守である鳩森八幡は盛岡城内三ノ丸鳩森曲輪に所在しました。
これが現在の盛岡八幡宮のルーツです。
来歴不詳。
築城のとき仮堂を普請、築城が成就し御社を再建しました。
城内三社のひとつです。

盛岡八幡宮

<社歴と沿革>

1671年(寛文11年)
三代藩主重信の世子行信の発願で、盛岡城内の鳩森八幡を城東中野の現在地に御旅所の社地および馬場を造成した。
1679年(延宝7年)
社堂を建立して神輿渡御の儀がはじまり、領民の参拝を許して盛岡第一の大祭となった。
1681年(延宝9年)
はじめて流鏑馬(ヤブサメ)を行った。
1709年(宝永6年)
盛岡城下二十三町内から山車(ダシ)が繰り出されている。

盛岡八幡宮 盛岡八幡宮

<祭礼>

盛岡秋まつり「山車」
毎年 9月14〜16日 3日間

はんてん姿の粋な若衆連にひかれて、華麗に彩られた英雄豪傑たちの山車が大八車の音きしませて街中を練り歩きます。
約三百年の伝統が息づいているこの祭りは、県下一の賑わいを見せています。

盛岡八幡宮


桜山神社 桜山神社
 
桜山神社

<桜山神社の由来>

盛岡藩の開祖・南部信直公の150年忌にあたり、藩主利視公が寛延2年(1749)9月26日、信直公の神霊を「淡路丸大明神」として、城内腰曲輪の東側の地に祀りました。

桜山神社 桜山神社

桜山神社

<桜山神社の神霊と移設>

1812年(文化9年)
桜山神社と改称する。
1818年(文化15年)
元祖光行公も神霊とする。
1912年(大正元年)
利直公と利敬公の神霊を合祀して、盛岡の守護神とする。

明治維新の盛岡城解体に際し、城内淡路丸の桜山神社を一時加賀野の妙泉寺山に移しました。

1875年(明治8年)
加賀野妙泉寺より北山聖寿寺跡へ遷座させる。
1881年(明治14年)
桜山神社が県社に列せられる。
1900年(明治33年)
内丸の現在地に遷座する。桜山神社が北山の聖寿寺境内に鎮座していたことから、その旧地を「旧桜山」と呼ぶようになった。

桜山神社 桜山神社

桜山神社

盛岡略年表

安土・桃山時代
1578
天正6年
大浦為信波岡城を攻略し浪岡御所北畠顕村を自害させる
1579
天正7年
安東愛季勢、津軽に侵攻し、大浦為信と激戦を展開
1582
天正10年
南部晴政、三戸城で卒す。南部信直を三戸城主に迎える。信直、弟政信を波岡城に入部させ津軽郡代とする
1583
天正11年
安東愛季、浅利勝頼を檜山城に謀殺し、比内郡を併合
1585
天正13年
大浦為信、外浜油川城を攻略。同南部光康の横内城を陥落させる。名久井城主東政勝、南部勢3,000騎を率い、八甲田山を越えて浅瀬石城を攻めるが大敗
1586
天正14年
南部信直、斯波滴石城を攻略す。滴石氏(斯波支族)滅ぶ
1588
天正16年
三戸南部信直、斯波高水寺城を攻略。斯波氏滅亡
1589
天正17年
湊安東通季、安東実季を湊城に急襲、湊合戦勃発。秀吉、南部信直に秋田、津軽討伐を告げる
1590
天正18年
南部信直、小田原に参陣。豊臣秀吉、宇都宮で南部信直に対して南部七郡の本領安堵の朱印状を下す。津軽(大浦)為信、秀吉から領地支配を安堵される。安東実季、秀吉から領地支配を安堵される。小田原北条氏、降伏
1591
天正19年
九戸政実の乱おこる。浅野長政、南部信直に対し、不来方の地に築城を勧奨す(盛岡城)。九戸城落城、南部信直入城し、福岡城を攻める
1592
文禄元年
南部信直、関白秀次から朝鮮出兵を命じられる
1594
文禄3年
南部信直、岩手郡不来方の地を居城に決定す
1597
慶長2年
盛岡築城工事、城下町設営工事が本格的に始まる
1598
慶長3年
南部信直、盛岡城に居住す。同年信直、病気にて死亡
1599
慶長4年
南部信直、二戸郡福岡城で没す。利直、南部27代を継ぎ、盛岡藩主となる
1600
慶長5年
家康の命により、南部信直、兵5,000を率いて出羽山形に出陣す。関ヶ原の合戦、津軽為信出陣
1601
慶長6年
利直の軍、和賀岩崎城を火攻めにし、これを攻略す(和賀氏滅亡)
1602
慶長7年
鹿角白根金山が発見される


江戸時代
1614
慶長19年
利直、大阪冬の陣に出陣
1615
元和元年
大阪夏の陣おこる
1625
寛永元年
三戸旧城下の町民を盛岡に移す
1632
寛永9年
南部利直が江戸桜田邸で逝去す
1633
寛永10年
南部氏10万石の軍役に定まる。この年南部重直、盛岡城を永代藩主の居城と定める

盛岡

盛岡の観光 盛岡広域タウン情報
観光・歴史・文化・人物・自然・祭り

盛岡つなぎ温泉 湯治の宿 ホテル三春 TEL 019-689-2319
〒020-0055 岩手県盛岡市繋字舘市9番地 FAX 019-689-2222
Copyright (C) HOTEL MIHARU. All Rights Reserved.