盛岡市原敬記念館、石割桜、盛岡観光情報ガイド

盛岡

盛岡の観光 盛岡広域タウン情報
観光・歴史・文化・人物・自然・祭り

北上川 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春
盛岡の観光・歴史・文化・人物


大正編

石割桜 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春
Morioka history

米騒動と平民宰相


1914年(大正3年)、第一次世界大戦が開始されると次第に米価は上昇し始めました。
さらに1918年(大正7年)になると米価は暴騰しました。
この米価上昇は戦争景気による都市部への人口移動と工業労働者の増加、農家の食生活の変化が原因でした。
さらに地主や商人が米穀投機に走るようになり、売り惜しみや買い占めが発生しました。
これに対し寺内正毅内閣は「暴利取締令」や予算編成をしましたが不充分で効果が上がりませんでした。
この悪条件のなか、寺内内閣はシベリア出兵を宣言しました。
この宣言により流通業者や商人は戦争特需による売り惜しみを加速させました。
この米騒動の影響を受け寺内内閣は退陣、西園寺公望に組閣を命じましたが西園寺はこれを拒否、原敬を推薦しました。
ここに原敬内閣が誕生しました。
原は日本で初めての政党内閣で爵位を持たない、衆議院議員を首相とする初内閣で「平民宰相」と呼ばれました。
しかし政策道中場の1921年(大正10年)11月4日、東京駅で右翼青年 中岡良一により暗殺されました。



大正

原敬記念館 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春 原敬記念館
 
原敬記念館 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春

原敬記念館

本格的政党政治の基盤を築いた本県初めての総理大臣。
東京駅にて暗殺された「平民宰相」原敬(はらたかし)の波瀾の生涯を示す資料や遺品等を展示しています。
原敬生家の敷地内にあり、生家や書斎(鎌倉の別荘から移築)等の見学ができます。

開館時間 9:00〜17:00
休館日 月曜日(祝日開館)12月29日〜1月3日
TEL 019-636-1192
所在地 岩手県盛岡市本宮字熊堂93-1

原敬記念館 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春

原敬

初の平民宰相
安政3年(1856)に生まれる。
15歳の時、戊辰戦争の敗戦の屈辱を心に秘めて上京し勉学に励んだ。
新聞記者を経て主として外務省を中心に明治政府の役人となり、井上馨や陸奥宗光にその才能を認められて活躍し外務次官にまで昇進した。
明治30年(1897)外務省を退官して再び言論界に戻り、大阪毎日新聞社長として論説及び経営に腕を振るった。
明治33年立憲政友会の創設に関わり、政治家の道に入って、明治憲法のもとで政党政治の確立につとめた。
明治35年、衆議院議員に立候補して以来故郷の盛岡より連続8回当選し、また中央政界では立憲政友会の幹事長から総裁となり、大正7年(1918)9月首相となった。
新聞社時代には署名論文に筆をとる一方、数々の著書を残した。
満19歳から、65歳の兇刃に倒れた当日までの記録「原敬日記」83冊は、学術上の貴重な文献となっている。
趣味として俳句をたしなみ、「一山」や「逸山」の号でその時々の心境を託したすぐれた作品が数多く残されている。

原敬記念館 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春

<原敬略年譜>

1856年 安政3年 2月9日
(旧暦)
岩手郡本宮村(今の盛岡市本宮)に盛岡藩士の直治・リツ夫妻の次男として生まれる。幼名・健次郎
1868年 明治元年   戊辰戦争で盛岡藩敗れる。(12歳)
1870年 明治3年   藩校「作人館」に学ぶ。
1871年 明治4年 7月 名を敬と改める。(15歳)
    12月 上京。翌年「共慣義塾」に学ぶ。
1874年 明治7年 4月 フランス人宣教師エブラルの学僕をしながらフランス語を学ぶ。
1875年 明治8年 6月 平民として分家独立。(19歳)
1876年 明治9年 7月 司法省法学校104名中2番で合格。
1879年 明治12年 7月 『露西亜国政論』を翻訳出版。
    11月 郵便報知新聞社に入社。
1882年 明治15年 11月 外務省入り。(翌年11月、天津領事)
1885年 明治18年 12月 外務省記官としてパリ公使館に着任。(19年、代理公使)
1889年 明治22年 4月 農商務省参事官、後、秘書官。
1890年 明治23年 5月 農商務大臣陸奥宗光の秘書官。
1892年 明治25年 8月 外務省通商局長。外務次官を歴任。
    9月 芝公園7号地に私邸を取得。
1896年 明治29年 6月 特命全権公使として朝鮮に赴任。
1898年 明治31年 9月 大阪毎日新聞社社長。
1900年 明治33年 12月 立憲政友会総務委員兼初代幹事長。
    12月 第4次伊藤博文内閣の逓信大臣。
1901年 明治34年 7月 大阪北浜銀行頭取。
1902年 明治35年 8月 盛岡から衆議院議員選挙に初めて出馬当選、以後7回連続当選。
1903年 明治36年 3月 大阪新報社社長。
1905年 明治38年 4月 古河鉱業株式会社副社長。
1906年 明治39年 1月 第1次西園寺公望内閣の内務大臣。(同44年第2次西園寺内閣、大正2年山本内閣で内務大臣を歴任)
1909年 明治42年 8月 盛岡古川端に別邸・介寿荘を新築。
1914年 大正3年 6月 第3代政友会総裁。(58歳)
    11月 鎌倉腰越に別荘を新築。
1917年 大正6年 4月 第13回総選挙で政友会が第一党。
    9月 戊辰殉難者五十年祭で祭文を読み、賊軍の寃を雪ぐ。
1918年 大正7年 9月 総理大臣として、わが国初めての本格的な政党内閣を組織(62歳)高等教育機関、鉄道網の整備、皇太子外遊に尽力。
1921年 大正10年 11月4日 東京駅頭で暗殺される。(65歳)

原敬記念館 原敬記念館

原敬の生家 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春


石割桜 石割桜
 
石割桜

石割桜

盛岡の名勝「石割桜」は、大正12年3月7日付で文部省指定の天然記念物として、盛岡市で一番最初の文化財に指定されました。
盛岡地方裁判所の構内にあります。

石割桜のある場所は、江戸時代には盛岡藩の家老職である北家代々の屋敷でした。

石割桜

石割桜の命名と推移

1876年(明治9年)
明治天皇が東北地方御巡幸の折、「桜雲石」と命名して紹介申し上げ、以来石割桜として有名になった。
1923年(大正12年)3月7日
文部省指定の天然記念物となる。
1932年(昭和7年)9月2日夜半
裁判所から出火し、盛岡消防組の活動で他延焼は免れたが、構内の建物はほとんど焼失した。このとき、庭師藤村益次郎一家は必死に記念物石割桜を被災から護り、奇跡的に蘇生し今日に残した。
1934年(昭和9年)
裁判所は新築落成し、この工事の際、石割桜の保存のため、建物の建築の位置を後ろにバックさせるなど施工に気づかった。

石割桜 石割桜

石割桜

桜はエドヒガン桜

石割桜の花は、普通のエドヒガンと比較して非常に小さい可憐な真っ白い花弁で、樹は巨大な花崗岩の割れ目に自然に生えたものとみられ、樹齢は推定で約350年以上だという説が多いです。
長い年月を経過して巨大な石の割れ目を押し広げてきました。
大正11年の計測調査では、約13cmの割れ目、昭和62年には18.6cmで、約65年間でおよそ6.5cmも拡張したことになります。

石割桜 石割桜

石割桜


岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春
資料集

戊辰戦争
奥羽越列藩同盟
盛岡市
原敬
新渡戸稲造
米内光政
金田一京助
石川啄木
宮沢賢治


岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春
盛岡略年表

明治時代
1867
慶応3年
大政奉還、王政復古
1868
明治元年
戊辰戦争
1870
明治3年
盛岡藩を盛岡県と改称
1871
明治4年
廃藩置県
1872
明治5年
盛岡県を岩手県と改称
1874
明治7年
盛岡城建物払い下げられる
1876
明治9年
明治天皇東北巡幸する
1889
明治22年
市制施行される
東北本線 一関〜盛岡間 開通する
1891
明治24年
小岩井農場開設
1894
明治27年
日清戦争はじまる
1904
明治37年
日露戦争はじまる
1905
明治38年
石川啄木、文芸誌「小天地」第1号を発行する
1910
明治43年
大洪水。上の橋、中の橋、下の橋、明治橋、流失

大正時代
1918
大正7年
米騒動起こる
原敬内閣成立する
1921
大正10年
原敬首相暗殺される

昭和時代
1927
昭和2年
県公会堂落成
1928
昭和3年
盛岡市都市計画法実施す
南部土地(株)大通地区の埋立工事はじまる
1931
昭和6年
満州事変はじまる
1934
昭和9年
山田線 盛岡〜宮古間 開通す
1937
昭和12年
盛岡城跡、国の史跡に指定される
1941
昭和16年
太平洋戦争はじまる
1945
昭和20年
盛岡駅前、大沢川原など空襲を受ける
太平洋戦争終わる
1949
昭和24年
岩手大学発足
1959
昭和34年
名誉市民制度決まる
第1号は金田一京助
1964
昭和39年
国道46号線 盛岡〜秋田間 開通す
1977
昭和52年
東北自動車道 一関〜盛岡南インター間 開通す
1978
昭和53年
御所ダム萪内遺跡で我が国最大のストーンサークル発掘される
1982
昭和57年
東北新幹線 盛岡〜大宮間 開通す
田沢湖線電化工事が完成す

平成時代
1991
平成3年
新幹線東京駅乗り入れ
1992
平成4年
都南村を編入、人口28万人となる


盛岡

盛岡の観光 盛岡広域タウン情報
観光・歴史・文化・人物・自然・祭り

盛岡つなぎ温泉 湯治の宿 ホテル三春 TEL 019-689-2319
〒020-0055 岩手県盛岡市繋字舘市9番地 FAX 019-689-2222
Copyright (C) HOTEL MIHARU. All Rights Reserved.