米内光政墓・円光寺、あらえびす記念館、米内・垂れ桜、盛岡観光情報ガイド

盛岡

盛岡の観光 盛岡広域タウン情報
観光・歴史・文化・人物・自然・祭り

紅八重垂れ桜 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春
盛岡の観光・歴史・文化・人物


昭和編

Morioka history

激動の昭和


昭和は昭和金融恐慌から始まりました。
そして昭和4年、世界恐慌へ。
軍事、外交面では、満州事変→満州国建国→支那事変と進み、第二次世界大戦、日独伊三国軍事同盟と進みました。
昭和16年、真珠湾を攻撃し、太平洋戦争に突入。
昭和20年8月、ポツダム宣言を受諾、そして終戦しました。
戦後は、昭和22年日本国憲法施行、25年朝鮮戦争発生、30年神武景気、32年なべ底不況、33年岩戸景気、39年東京オリンピックを開催、このオリンピックにあわせて大阪−東京間の東海道新幹線が開業しました。
昭和40年日韓基本条約、41年いざなぎ景気、45年日本万国博覧会。
昭和47年は行事の多い年で、札幌オリンピック、沖縄返還、日中共同声明、そしてあのあさま山荘事件が起きました。
53年は日中平和友好条約、57年には東北新幹線、大宮〜盛岡間が開通しました。
昭和60年には日本電信電話公社、日本専売公社が民営化、61年は東京サミット、62年にはバブル景気が本格化しました。
昭和63年青函トンネル、瀬戸大橋開業、64年1月昭和天皇崩御、1月8日平成と改元、ここに昭和の時代は終わりました。



昭和

米内光政墓・円光寺 米内光政墓・円光寺
 
米内光政墓・円光寺

紫雲山 圓光寺

円光寺は寛文年間(1661年〜73年)に生連社良往上人によって開かれた。
現存の本堂、山門、鐘楼は、その後まもなく建立されたもので、本堂は江戸時代の地方寺院を代表とする、市の保存建築物に指定されている。

本堂前に創建時に植えたと推定される、樹齢300年のカツラの大木が枝を広げる。
雌雄であることから、「夫婦[めおと]かつら」と呼ばれるが、春先には紫色の花が木を覆い、紫雲山の名にふさわしい姿をみせるという。
境内には落ち着いた木肌をみせる観音堂が建つが、その脇に立派な「首塚」と記された石柱が立つ。
その由来は延宝3年(1675年)にまでさかのぼる。

時の南部藩の奥女中に蓮子という娘がいた。
あるとき父がキリシタン信者ということで斬首となったが、蓮子はその夜、闇に紛れ、父の首を盗み、回向を願って寺々を回った。
寺々の門は閉ざされていたが、ただひとつ円光寺の脇門が開いていた。
これを幸いに回向を依頼、住職は寺の運命を思ったが、回向は僧の勤めと、ひそかに読経し埋葬した。
蓮子は翌朝、自首をしたが、藩主はその親孝行に胸を打たれ、蓮子を側室に。
その間に生まれたのが31代藩主信恩[のぶおき]公と伝えられる。

のちに蓮子は父の菩提を弔うために観音堂を寄進、現在は盛岡の観音11番札所となっている。

また、寺には近代に活躍した名士も眠っている。
連合艦隊司令長官、海軍大臣、内閣総理大臣(昭和15年)を歴任した米内光政[よないみつまさ]氏、その人である。

米内氏は戦争の気運が高まるなかで、親米英派の内閣を組閣し、開戦を防ごうとした政治家で、陸軍派に押され退陣したが、19年7月から海軍大臣で復帰し、戦争終結にむけて日本が灰塵となるのを防ぐ先頭に立っている。

(浄土宗新聞 平成9年6月号より)

 
住所 〒020-0874 岩手県盛岡市南大通3丁目11番49号
交通 JR盛岡駅からタクシーで約10分

米内光政墓・円光寺 米内光政墓・円光寺

米内光政墓・円光寺

米内光政


旧盛岡藩士米内受政[よないながまさ]の長男として盛岡に生まれる。
盛岡中学を経て海軍兵学校へ進み、卒業後海軍少尉に任官、日露戦争では海軍中尉として従軍した。
後にロシアやポーランドなどヨーロッパに駐在し、その地の実情を直に見聞した。
1937(昭和12)年には林内閣のもと海軍大臣に就任し、陸軍の主張する三国同盟に反対した。
この反戦主義の姿勢は終戦まで変わらなかった。
天皇の信頼も厚く、1940(昭和15)年には岩手県出身者としては3人目となる内閣総理大臣に就任、しかし陸軍の反対に遭い半年後に退任した。
太平洋戦争末期には小磯内閣のもとで4期目の海軍大臣として入閣、終戦のために尽力する。
終戦後も海軍大臣に留任し、海軍省廃省の責任者として日本海軍の最期を見届けた。


経歴

1880(明治13)年 0歳 3月2日南岩手郡三ツ割村下小路(現盛岡市愛宕町)に生まれる。  
1886(明治19)年 6歳 鍛冶町尋常小学校(現在の上ノ橋辺りにあった)に入学。  
1890(明治23)年 10歳 盛岡高等小学校(現下橋中学校)に入学。  
1894(明治27)年 14歳 岩手尋常中学校(現盛岡第一高等学校)に入学。  
1898(明治31)年 18歳 海軍兵学校(広島県江田島市)に入学。  
1901(明治34)年 21歳 海軍兵学校卒業後,海軍少尉候補生として練習艦金剛に乗船する。その後様々な艦を乗り継ぐ。  
1904(明治37)年 24歳 この年海軍中尉に就任。 日露戦争
開戦
1914(大正3)年 34歳   第一次世界
大戦勃発
1915(大正4)年 35歳 ロシア大使館付武官事務補佐に従事。1917(大正6)年には船上勤務に戻るが,この後にもヨーロッパでの仕事に就く。この間の経験が後の米内の世界観につながる。  
1930(昭和5)年 50歳 海軍中将に任ぜられ,鎮海要港部司令官となる。この後第三艦隊司令長官,連合艦隊司令長官等を歴任。  
1936(昭和11)年 56歳 二・二六事件が起こる。当初から首謀者を反乱軍として事件に対処する。  
1937(昭和12)年 57歳 海軍大臣となり日独伊三国軍事同盟に反対。その後3期務める。  
1940(昭和15)年 60歳 内閣総理大臣となる。対英米戦争に反対するが,陸軍大臣畑俊六が辞任,半年で内閣が倒れる。  
1941(昭和16)年 61歳   第二次世界
大戦勃発
1944(昭和19)年 64歳 4期目の海軍大臣に就任,戦争終結に力を尽くす。最終的には7期海軍大臣を務めることとなる。  
1945(昭和20)年 65歳 終戦後、最後の海軍大臣として海軍省の幕を下ろす。 第二次世界
大戦終了
1947(昭和22)年 67歳 極東軍事裁判法廷に元陸軍大臣畑俊六の証人として出廷。  
1948(昭和23)年 68歳 4月20日死去。  

米内光政墓・円光寺


野村胡堂・あらえびす記念館 関連施設
「野村胡堂・あらえびす記念館」
 
野村胡堂・あらえびす記念館

銭形平次捕物控

昭和6年、文藝春秋社が、月刊誌「オール讀物」を創刊、捕物小説を毎月書いてくれないかと依頼されました。
いろいろ構想を練り、主人公を江戸の町の一介の目明しとしますが、ただの御用聞きではつまりません。
「水滸伝」の「没羽箭張清」と言う、石つぶてで敵将を次々倒す小石投げの名人から四文銭を投げる目明しを思いつきました。

万治、寛文、元禄の時代を背景に、頭脳明晰で正義感あふれる岡っ引き銭形平次が、江戸の町に起こるさまざまな事件を、人情味豊かに次々と解決してゆくという捕物小説。

「親分!た、た、た、大変だ」といつも事件を知らせて飛び込んでくるガラッ八こと八五郎。
徳川時代の鯉丈の「八笑人」からヒントを得たという八五郎は、独身で、呑気者で、無欲で、純情家で惚れっぽい天性のユーモリスト。
それが、物語のスムーズな展開を助けます。
「銭形平次捕物控」は383篇続いた、世界一長い探偵小説で、まさに胡堂の代表作です。

野村胡堂・あらえびす記念館 野村胡堂・あらえびす記念館

<野村胡堂・あらえびす略年譜>

1882年 明治15年 0歳 10月15日、岩手県紫波郡大巻村(現紫波町大巻)に生まれる。
1896年 明治29年 14歳 岩手県尋常中学校(明治34年より岩手県立盛岡中学校)に入学。新入生の中に金田一京助、田子一民、郷古潔、及川古志郎、小野寺直助。上級には米内光政、原抱琴がいた。
1902年 明治35年 20歳 盛岡中学校卒業。上京。
1904年 明治37年 22歳 旧制第一高等学校入学。当時の校長は新渡戸稲造。
その頃の生徒に辰野隆、三宅正太郎、山本寛太、小野寺直助、芦田均らがいた。
1907年 明治40年 25歳 第一高等学校卒業。東京帝国大学法科大学仏法に入学。
1910年 明治43年 28歳 同郷の橋本ハナと結婚。父長四郎死去。
1911年 明治44年 29歳 大学卒業を目前に中退。
1912年 明治45年 30歳 報知社(後の報知新聞社)に入社。
政治部外交記者として政友会本部、農商務省を担当。
1914年 大正 3年 32歳 同新聞政治面に人物評論『人類館』を連載。
初めて「胡堂」のペンネームを用いる。
1922年 大正11年 40歳 科学小説『二萬年前』を連載。調査部長兼学芸部長となる。
「あらえびす」のペンネームで音楽会、美術展に関する記事を書く。
1924年 大正13年 42歳 編集局相談役になり、主力を執筆生活に移す。
1931年 昭和 6年 49歳 文藝春秋社創刊「文藝春秋オール讀物号」に「銭形平次捕物控」第1作「金色の處女」を発表。
「あらえびす」最初の著書『蓄音機とレコード』刊行。
1932年 昭和 7年 50歳 『三萬両五十三次』連載。
東京帝大法学部緑会主催のレコードコンサートを始める。
1942年 昭和17年 60歳 報知新聞が読売新聞に合併。辞職し、執筆に専念する。
1949年 昭和24年 67歳 捕物作家クラブ結成。会長に就任。
1957年 昭和32年 75歳 眼疾悪化のため『オール讀物』8月号掲載の「鉄砲の音」で「銭形平次捕物控」の筆を擱く。総計383篇。
1958年 昭和33年 76歳 第6回菊池寛賞受賞。
1959年 昭和34年 77歳 紫波町最初の名誉町民に推挙される。
1960年 昭和35年 78歳 紫綬褒章受賞。
1963年 昭和38年 80歳 基金1億円で育英奨学金と学問芸術の研究助成を目的とする野村学芸財団設立。
4月14日肺炎のため死去。
従四位勲三等瑞宝賞に叙せられる。

野村胡堂・あらえびす記念館 野村胡堂・あらえびす記念館

野村胡堂・あらえびす記念館 野村胡堂・あらえびす記念館

野村胡堂・あらえびす記念館

入館料 一般/300円、小・中・高生/150円
開館時間 9:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月28日〜1月4日
TEL 019-676-6896
所在地 〒028-3315 岩手県紫波郡紫波町彦部字暮坪193-1
ホームページ http://kodo.or.tv/

野村胡堂・あらえびす記念館


米内浄水場・垂れ桜 米内浄水場・垂れ桜
 
米内浄水場・垂れ桜

八重紅垂れ桜と浄水場

米内浄水場の八重垂れ桜は昭和9年8月、浄水場の竣工記念樹として9本が植えられたものです。
この八重垂れ桜は普通の垂れ桜より花が小さく濃い色をしています。
縦に伸びる大型の樹形です。
桜の種類としては極めて種類の少ない樹木です。
満開時は圧巻といわざるを得ません。
浄水場は平成11年8月、国の有形文化財に登録されました。

米内浄水場・垂れ桜 米内浄水場・垂れ桜

米内浄水場・垂れ桜

米内浄水場の年譜

1928年(昭和3年)1月
盛岡市、都市計画法の適用を受ける。
同年4月1日
米内村、盛岡市と合併。
同年4月
盛岡水道利用組合が設立され河南地区に簡易水道が引かれた。
1931年(昭和6年)8月
市議会に重要案件として水道敷設計画が出され、米内川を水源とする水道工事が進められることになった。これに伴い盛岡水道利用組合は市に買収された。
1932年(昭和7年)10月
米内川浄水場建設起工式が行われた。
1934年(昭和9年)11月23日
配水管理施設工事が完成。通水式が上米内浄水場で行われた。
このとき記念樹としてヤエベニシダレ桜9本が植樹された。
1999年(平成11年)8月
米内浄水場、国の有形文化財に登録された。

米内浄水場・垂れ桜 米内浄水場・垂れ桜

米内浄水場・垂れ桜

米内浄水場・垂れ桜

浄水場建設の都市比較

盛岡は水に恵まれ湧水が多く、浅井戸を掘っても水が出るほど水が豊富な都市です。
このため水道の必要性が少なく、これが東北六県の主要都市の中で水道の普及が遅れた理由です。

秋田市 明治42年10月
青森市 明治42年12月
仙台市 大正12年4月
山形市 大正12年5月
福島市 大正14年4月
盛岡市 昭和9年8月

米内浄水場・垂れ桜 米内浄水場・垂れ桜

米内浄水場・垂れ桜


盛岡市子ども科学館 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春 関連施設「盛岡市子ども科学館」
 
盛岡市子ども科学館 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春

盛岡市子ども科学館

「子どもたちに科学する心を!」をスローガンに、子どもはもちろん大人の方まで楽しく体験しながら科学技術に親しむことができます。
サイエンスドーム「宙〜そら」(プラネタリウム室)170席と、「出発の空間」 「発見の空間」「情報の空間」の3つのテーマの展示室。
土、日、祝日には科学遊びや物づくり体験ができるワークショップやサイエンスショーを行っています。


開館時間 9:00〜16:30
休館日 月曜日、毎月最終火曜日、祝日の翌日、12月29日〜1月3日
TEL 019-634-1171
所在地 岩手県盛岡市本宮字蛇屋敷13-1

盛岡市子ども科学館 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春


平成

岩手県立美術館 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春 関連施設「岩手県立美術館」
 
岩手県立美術館 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春

岩手県立美術館

萬鐵五郎、松本竣介、舟越保武をはじめ、岩手ゆかりの作家のコレクションを一堂に展示するとともに、国内外の様々なテーマによる企画展を開催。
美術に親しむ体験型イベント、グルメ、ショッピングも楽しめます。


開館時間 10:00〜19:00
休館日 月曜日、12月29日〜1月3日
TEL 019-658-1711
所在地 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3

岩手県立美術館 岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春


岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春
資料集

戊辰戦争
奥羽越列藩同盟
盛岡市
原敬
新渡戸稲造
米内光政
金田一京助
石川啄木
宮沢賢治


岩手県盛岡市繋温泉(つなぎ温泉)ホテル三春
盛岡略年表

明治時代
1867
慶応3年
大政奉還、王政復古
1868
明治元年
戊辰戦争
1870
明治3年
盛岡藩を盛岡県と改称
1871
明治4年
廃藩置県
1872
明治5年
盛岡県を岩手県と改称
1874
明治7年
盛岡城建物払い下げられる
1876
明治9年
明治天皇東北巡幸する
1889
明治22年
市制施行される
東北本線 一関〜盛岡間 開通する
1891
明治24年
小岩井農場開設
1894
明治27年
日清戦争はじまる
1904
明治37年
日露戦争はじまる
1905
明治38年
石川啄木、文芸誌「小天地」第1号を発行する
1910
明治43年
大洪水。上の橋、中の橋、下の橋、明治橋、流失

大正時代
1918
大正7年
米騒動起こる
原敬内閣成立する
1921
大正10年
原敬首相暗殺される

昭和時代
1927
昭和2年
県公会堂落成
1928
昭和3年
盛岡市都市計画法実施す
南部土地(株)大通地区の埋立工事はじまる
1931
昭和6年
満州事変はじまる
1934
昭和9年
山田線 盛岡〜宮古間 開通す
1937
昭和12年
盛岡城跡、国の史跡に指定される
1941
昭和16年
太平洋戦争はじまる
1945
昭和20年
盛岡駅前、大沢川原など空襲を受ける
太平洋戦争終わる
1949
昭和24年
岩手大学発足
1959
昭和34年
名誉市民制度決まる
第1号は金田一京助
1964
昭和39年
国道46号線 盛岡〜秋田間 開通す
1977
昭和52年
東北自動車道 一関〜盛岡南インター間 開通す
1978
昭和53年
御所ダム萪内遺跡で我が国最大のストーンサークル発掘される
1982
昭和57年
東北新幹線 盛岡〜大宮間 開通す
田沢湖線電化工事が完成す

平成時代
1991
平成3年
新幹線東京駅乗り入れ
1992
平成4年
都南村を編入、人口28万人となる


盛岡

盛岡の観光 盛岡広域タウン情報
観光・歴史・文化・人物・自然・祭り

盛岡つなぎ温泉 湯治の宿 ホテル三春 TEL 019-689-2319
〒020-0055 岩手県盛岡市繋字舘市9番地 FAX 019-689-2222
Copyright (C) HOTEL MIHARU. All Rights Reserved.